『担い手』はどうしたら現れるのか?木村尚氏に学ぶ「次世代」の声

山川里海 情報交流会

基調講演
「ブルーカーボンと世代を超えた取り組みについて」

講師:木村 尚 氏

NPO法人海辺つくり研究会理事他、
東京湾を子どもたちが泳げる豊かで美しい海にしたいと考え、
環境やまちづくりに関連する多数の市民活動に協力。

主な著書は『海辺の達人になりたい』(共著)、
『森里川海をつなぐ自然再生』(共著)など。

現在、
日本テレビ系列「THE!鉄腕! ダッシュ!!-ダッシュ海岸-」に
レギュラー出演中。

山川里海 情報交流会

2019年2月23日(土)

環境団体や地域づくり活動のミッションは、持続可能性をめざす息のなが~い取り組み。

そのためには志を『つなぐ』視点が大切ですよね!?

しかしこれまで、バトンを渡される側の声を、聴いたことはありますか?
(おそらく、多くの団体が『あんまり……』ではないでしょうか?)

そこで今回の交流会では、
特別企画『何を想う?イマドキの大学生』を設けました。

あなたの活動に「若い人がきてくれない~!」と嘆く前に、
未来を託される側の声に耳を傾けてみませんか?

プログラム

【基調講演】10:40-11:30
「ブルーカーボンと世代を超えた取り組みについて」

講師:木村 尚 氏(NPO法人 海辺つくり研究会 理事・事務局長)


【次世代がつくるワークショップ】11:40-14:30
「何を想う?イマドキの大学生」

昼食をご持参いただき、グループでのランチミーティングをお薦めします!


【テーマ別分科会】14:45-16:30
「とにかくお話」─あなたはこの日、何人と語り合えますか?

ワールドカフェ風の交流タイム。自分のフィールドで何が活かせるのか?
参加者同士語り合い、たくさんの収穫を持ち帰りましょう。

●海の豊かさを守ろう

谷崎仁美さん:環境教育ネクストステップ研究会、自然観察指導員

鈴鹿川のクリーンアップ活動や、自然観察会を行っています。

活動紹介 ホームページ→なたね通信

●陸の豊かさを守ろう

坂本竜児さん:NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム スタッフ

●エネルギー

野村典博さん:NPO法人 森と水辺の技術研究会

再エネ推進の仕組みづくり

●気候変動

小野月比古さん:名古屋ひがし防災ボランティアネットワーク

数々の災害現場でボランティア活動を長年行い感じた、気候の大きな変化を伝えています。
活動紹介 ホームページ→なごや★ぼらんぽナビ:災害ボランティアガイド

●働きがいも経済成長も

根岸恵子さん:多世代学びあいネットワーク

多世代による横断型地域づくり・持続可能な社会づくりをすることを目的として活動しています
活動紹介 ホームページ→多世代学びあいネットワーク

●つくる責任・使う責任

永田 秀和さん:特定非営利活動法人 中部リサイクル運動市民の会

ひとりから地域から できることを拡げて 循環型社会をつくりだします
活動紹介 ホームページ→特定非営利活動法人 中部リサイクル運動市民の会


【懇親会】17:30-18:30

ソフトドリンクとお菓子の提供になります。

山川里海 情報交流会 申込案内

【日 時】
2019年2月23日(土)10:30~19:00
※17:30-19:00懇親会

【会 場】
名古屋国際センター5F 第一会議室

【対 象】
環境市民活動団体、持続可能な地域づくり、地域活性化に関心のある人・団体など

【参加費】
一般500円、学生無料
※資料代+懇親会費用

【主 催】
NPO法人 地域の未来・志援センター、一般財団法人 セブン-イレブン記念財団

【共 催】
22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会、NPO法人 森と水辺の技術研究会

【協 力】
愛知・川の会、渥美半島環境活動協議会、西濃環境NPOネットワーク、東海市民社会ネットワーク、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会、NPO法人 四日市ウミガメ保存会

【後 援】
愛知県、岐阜県、三重県、環境省中部地方環境事務所